和歌と俳句

飯田蛇笏

霊芝

山廬集<< >>次のページ

伊勢蝦に懸蓬莱のうすみどり

落木のくだけし地や別れ霜

礼容をうしなはぬ娘や春炬燵

雛まつる燈蓋の火の覗かれぬ

焼芝や昨日の灰の掬はるる

蘖の眼をつく丈けや山平ら

咲きそめし椿にかかる竹の雨

山池のそこひもわかず五月雨るる

さみだれて苔蒸すほどの樒かな

花鉢を屋形も吊りて薄暑かな

帰省子にその夜の故園花幽き

鏡みるすがしをとめや暑気中り

涼趁うて埠頭の闇や夏帽子

帯の上の乳にこだはりてさす

蚊遣火のなづみて闇の咫尺かな

雷神をのぞめる僕や富士登山

下山して西湖の舟に富士道者

茯苓を一顆になへり登山杖

瀧川に沿うたる旅や蝉しぐれ

夏菊に透垣をうつ狐雨

神農にささげて早き胡瓜かな

採る茄子の手籠にきゆあとなきにけり

葉びろなる茄子一ともとの走り花

格子戸に鈴音ひびき花柘榴

たちよれば花卯盛りに露のおと