和歌と俳句

飯田蛇笏

山響集

霊芝<< >>次のページ

つりそめて水草の香の蚊帳かな

荼毘のあと炭いつまでも藜草

聖母に燈し紫陽花ここだ插す

毬栗のはぜかかりゐる八重葎

曽我の子はここにねむりて鰯雲

花金剛纂焚火に燻べて魚香あり

マスクしてしろぎぬの喪の夫人かな

うす日して震災堂の玉あられ

獏枕わりなきなかのおとろへず

粉黛のかほほのめきて玉の春

落飾の深窗にしてはつ日記

身延山雲靆く町の睦月かな

上古より日輪炎えて土の

春佛石棺の朱に枕しぬ

花あざみ露珊々と葉をのべぬ

死火山の夜をさむきまで二月空

百千鳥酣にして榛の栗鼠

雲ふかき厚朴一と株芽立ちかな

歯朶もえて岩瀧かけるきぎすかな

雉子なけり火山湖の春いぬる雨

蔦の芽の風日にきざす地温かな

暮の春奥嶺の裸形ただ藍し

雹まろぶ大山祇の春祭

軒菖蒲庭松花をそろへけり

楡がくり初夏の厨房朝焼す