桐の花

町中にある牧場や桐の花 悌二郎

大空やみなうつむいて桐の花 石鼎

山宿や花桐がくれ屋根の石 秋櫻子

古坪のおもてに桐の落花かな 草城

校長のかはるうはさや桐の花 万太郎

郭公の翔りぬけたる桐の花 普羅

通る時落ちしことなく桐の花 草田男

山ふところで桐の花 山頭火

日ざし来し塗師が家や桐の花 石鼎

桐の花とををに風の山家かな 石鼎

電車今まつしぐらなり桐の花 立子

やうやく晴れてきた桐の花 山頭火

たづねあてたがやつぱりお留守で桐の花 山頭火

熾んなる黄葉をもつて桐の花 石鼎

ほづえ穂へこぞりこぞらひ桐の花 石鼎

咲きそむる片枝よりや桐の花 石鼎

桐の花碍子の白とまぎれゐる 石鼎

桐の花こぼれし土になづまざる 風生

朝雲の灼けて乳牛に桐咲けり 蛇笏

今日のこと今日すぐわする桐の花 万太郎

花桐も雹も大地にはねかへり 茅舎

桐咲けり天守に靴の音あゆむ 誓子

朝日夙く麓家の桐花闌けぬ 蛇笏

裏庭のほかと暖か桐の花 立子

桐咲けり雲凝りし上に岳の見ゆ 秋櫻子

桐の花妻に一度の衣も買はず 草田男

桐の花昼餉了るや憂かりけり 波郷

濯ぎ場のゆふべ濡れゐて桐の花 たかし

どこやらの硝子がわれぬ桐の花 楸邨

青き夜空かぎり知られず桐の花 楸邨

耕牛に多摩の磧べ桐咲けり 蛇笏

教へ子の縁談二三桐の花 林火

五月 立夏 初夏 牡丹 衣更 葉桜 菖蒲 鯉幟 柏餅 新茶 薄暑 葵祭り 若楓 新樹  若葉 たけのこ 芍薬 芥子の花 雛罌粟 忍冬の花 棕櫚の花 桐の花 朴の花 泰山木の花 薔薇 茨の花 卯の花 麦の秋 麦刈り 花菖蒲 あやめ 杜若 短夜 初鰹 花橘 柿の花 石榴の花 栗の花 椎の花 栴檀の花 えごの花
おくのほそ道 野ざらし紀行 鹿島詣
お得区案内図