和歌と俳句

飯田蛇笏

心像

前のページ<< >>次のページ

ほたる火や馬鈴薯の花ぬるる夜を

国葬の夜を厨房のほたるかご

ほたる火のくぐりこぼるる八重むぐら

甘藍の玉つきそめて郭公啼く

高原の雷おとろふる草明り

涼あらた畦こす水の浮藻草

野鳥より瀬のうろくづに初嵐

秋の風陽を吹きはやめみゆるかな

山かけてながるるあきつ蕎麦の空

猿あそぶ嶽の秋雲消えゆけり

新月の環のりんりんとつゆしげき

鹿苑の新月を追ひ水にそひ

新月に詩聖ゆくよりつゆのおと

桐一葉月光むせぶごとくなり

いわし雲小諸の旅をこころざす

土われてべにあかこえる藷畠

いもやけて畑火の午天瑠璃ふかし

日輪二時高嶺の瀧の氷りけり

渓涸れて岸べ日和や雑木立

やまどりの跡うす雪に山帰来

古茶の木ちるさかりとてあらざりき

はせを忌をこころに修す深山住

しぐれ忌の燈をそのままにまくらもと

桃青忌夜を人の香のうすれけり