日野草城

元旦の餅を焦せしあろじかな

元旦や古色めでたき庵の妻

元朝や去年の火残る置炬燵

更けて焼く餅の匂や松の内

初空や一片の雲輝きて

お降の八ツ手に煤もなかりけり

湯をつかふ音もときめく初湯かな

ほのぼのと初鏡より明けにけり

初春や島田おもたきタイピスト

春服や三十年のひとりもの

おさがりのきこゆるほどとなりにけり

撫肩のすらりと鼓初かな

袖ぐちのあやなる鼓初かな

次の間に妻の客あり寝正月

寶恵駕の妓のまなざしの来てゐたる

日かげりて輪飾青くなりにけり

弾初の鍵より白き手をもてり

弾初のをはりし指の閑かなる

初空の大青空は見れど飽かず

屠蘇重し軽き朱金の酒杯に

数の子に父祖の白歯もひびきけむ

子規 漱石 龍之介 碧梧桐 虚子 鬼城 泊雲 亜浪 山頭火 普羅 放哉 風生 水巴 蛇笏 月二郎 みどり女 石鼎 喜舟 しづの女 かな女 万太郎 犀星 久女 淡路女 青邨 秋櫻子 素十 夜半 麦南 悌二郎 鷹女 多佳子 青畝 耕衣 茅舎 汀女 三鬼 草田男 不死男 誓子 爽雨 不器男 立子 林火 楸邨 静塔 鳳作 たかし 波郷
俳句 春の季語 夏の季語 秋の季語 冬の季語 短歌 歌枕
古事記の中の和歌 懐風藻 万葉集 伊勢物語 古今集 後撰集 拾遺集 源氏物語の中の短歌 後拾遺集 金葉集 詞花集 千載集 新古今集 新勅撰集 おくのほそ道 野ざらし紀行 鹿島詣
和歌と俳句