西東三鬼

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10

聖燭祭工人ヨセフ我が愛す

燭寒し屍にすがる聖母の図

聖燭祭妊まぬ夫人をとめさび

咳きて神父女人のごと優し

聖燭祭娶らぬ教師老いにける

あきかぜの草よりひくく白き塔

貝殻のみちなり黒き寡婦にあふ

ほそき靴貝殻をふむ音あゆむ

風とゆく白犬寡婦をはなれざり

砂白く寡婦のパラソル小さけれ

子規 漱石 龍之介 碧梧桐 虚子 鬼城 泊雲 亜浪 山頭火 普羅 放哉 風生 水巴 蛇笏 月二郎 みどり女 石鼎 喜舟 しづの女 かな女 万太郎 犀星 久女 淡路女 青邨 秋櫻子 素十 夜半 麦南 悌二郎 鷹女 多佳子 青畝 耕衣 茅舎 汀女 草田男 不死男 誓子 草城 爽雨 不器男 立子 林火 楸邨 静塔 鳳作 たかし 素逝 波郷
俳句 春の季語 夏の季語 秋の季語 冬の季語 短歌 歌枕
古事記の中の和歌 懐風藻 万葉集 伊勢物語 古今集 後撰集 拾遺集 源氏物語の中の短歌 後拾遺集 金葉集 詞花集 千載集 新古今集 新勅撰集 おくのほそ道 野ざらし紀行 鹿島詣
和歌と俳句