囲炉裏 いろり

五つむつ茶の子にならぶ囲炉裏哉 芭蕉

君と我炉に手をかへすしかなかれ 其角

大原女の足投出していろり哉 召波

炉のはたやよべの笑ひがいとまごひ 一茶

飛騨山の入日横たふいろり哉 一茶

百年の煤も掃かずに囲炉裏かな 虚子

湯をいでてわれに血めぐる圍爐裡かな 蛇笏

足袋裏を向け合うて炉の親子かな 亞浪

髭がぬれてゐる炉ほとり 碧梧桐

皆あたれ炉の火がどんと燃ゆるぞよ 亞浪

釣橋の懸け替えの議を囲炉裏かな 喜舟

どの家も新米積みて炉火燃えて 素十

いろいろのものに躓き炉火明り 素十

炉話の僧に向ひてやや嶮し 素十

誰といふことなく当る大炉あり 素十

炉辺たのし酒の薬罐も煤ふかく 爽雨

炉辺たのし夜食のものを朴の葉に 爽雨

倦怠の眼に涙する圍爐裡かな 蛇笏

爐火いよよ美しければ言もなし たかし

深き火に傾きあたる大爐かな たかし

かりかりと柴の雪たぶ炉ばたかな 蛇笏

大榾にかくれし炉火に手をかざす 普羅

炉の炎杣の白髪も数へらる 普羅

父母は目出度きことに炉火にあり 普羅

激しき心すでに去りたる炉火の前 多佳子

炉辺に聞くこの家の子の夢泣きを 林火

炉火紅く中年水のごとく澄む 鷹女

炉火赤し檜山杉山淋しかろ 静塔

炉話は忍ぶ狐によく聞え 静塔

ちちははや炉火あかあかとぢぢばばよ 静塔

雪国の夜のために爐は残りたる 林火

短日 冬の日 顔見世 冬の空 水鳥 初雪 初氷 寒さ 冬木立 枯木 冬枯 枯尾花 冬の山 枯野 みそさざい 都鳥 千鳥 冬の海 河豚 海鼠 冬ごもり 埋火 焚火 囲炉裏 炬燵 暖炉 火鉢 火桶 湯たんぽ 風邪 日向ぼつこ 北風 霜夜 冬の雨 冬の月 冬至 柚湯 クリスマス 師走 年の市 煤払い 年忘れ   歳の暮 行く年 大晦日 除夜 除夜の鐘
おくのほそ道 野ざらし紀行 鹿島詣
お得区案内図 旅行案内