除夜の鐘

俳諧の帳面閉ぢよ除夜の鐘 鬼城

除夜の鐘撞き出づる東寺西寺かな 鬼城

除夜の鐘この時見たる星の数 石鼎

除夜の鐘襷かけたる背後より しづの女

寺あるや麻布のこゝに除夜のかね 石鼎

松生けて畳に埃や除夜の鐘 石鼎

除夜の鐘うす影は月か門燈か 石鼎

除夜の鐘遠くの雲の月やけに 石鼎

大いなる月よごれ居る除夜の鐘 石鼎

枯れ蔓のかげす櫺子の除夜の鐘 亞浪

門扉ひたと閉ざせる寺や除夜の鐘 淡路女

海老跳ねし厨の音か除夜の鐘 秋櫻子

みづうみや鳴りわたりゆく除夜の鐘 悌二郎

百八の鐘鳴り止みぬそとは雪 鷹女

水甕に水も充てけり除夜の鐘 草田男

寒くなれば篝にも立ち除夜の鐘 立子

おろかなる犬吠えてをり除夜の鐘 青邨

くれなゐにひびきもつれぬ除夜の鐘 耕衣

除夜の鐘はつたとちぢむ命かな 月二郎

百万の餓鬼うづくまる除夜の鐘 波郷

除夜の鐘幾谷こゆる雪の闇 蛇笏

除夜の鐘わが凶つ歳いま滅ぶ 草城

われひとりきくやラヂオの除夜の鐘 草城

除夜の鐘吾身の奈落より聞ゆ 誓子

きこえをり北のはたての除夜の鐘 草城

除夜の鐘眼前居る妻もう居ぬ母 草田男

寺寺の百八の鐘みな消え果つ 誓子

妻はまだ何かしてをり除夜の鐘 草城

鐘が鳴る除夜の後悔なにもなし 蛇笏

除夜の鐘もうすぐに鳴るとき寝落つ 草城

除夜の鐘大切なこの歳を病み 多佳子

病室に湯気立てにけり除夜の鐘 波郷

ききわびて終の栖の除夜の鐘 波郷

いと遠き除夜の鐘あり療養所 波郷

岳人の行方の深き除夜の鐘 静塔

星のため月は削られ除夜の鐘 静塔

冬の日 顔見世 冬の空 水鳥 初雪 初氷 寒さ 冬木立 枯木 冬枯 枯尾花 冬の山 枯野 みそさざい 都鳥 千鳥 冬の海 河豚 海鼠 冬ごもり 埋火 囲炉裏 焚火 炬燵 暖炉 火鉢 火桶 湯たんぽ 風邪 マスク 襟巻 手袋 足袋 日向ぼつこ 北風 霜夜 冬の雨 冬の月 冬至 柚湯 クリスマス 師走 年の市 煤払い 年忘れ 餅つき 歳の暮 行く年 大晦日 除夜 除夜の鐘
お得区案内図 旅行案内