行く年

古今集 紀貫之
ゆく年の惜しくもあるかな ます鏡みる影さへにくれぬと思へば

俊頼
行く年も 今宵ばかりに なりにけり 果てなきものは 我が身なりけり

俊成
ゆく年を惜しめば身には積るかと思ひいれてや今日を過ぎまし

鴨長明
惜しめども 過ぎ行年の いかにまた 思ひかへりて 身にとまるらむ

実朝
塵をだに据ゑじとや思ふ行年の跡なき庭をはらふ松風

行年の道はありけり橋あらひ 才麿

行年や親にしらがをかくしけり 越人

行年や芥流るるさくら川 蕪村

ゆく年の瀬田を廻るや金飛脚 蕪村

行年やひとり噛しる海苔の味 白雄

行年やかしらをあぐる田のひばり 青蘿

行としや馬をよければ牛の角 青蘿

ゆく年やとても難波の橋の数 青蘿

行としや空の名残を守谷迄 一茶

行年や覚一つと書附木 一茶

顔見世 冬の空 水鳥 初雪 初氷 寒さ 冬木立 枯木 冬枯 枯尾花 冬の山 枯野 みそさざい 都鳥 千鳥 冬の海 河豚 海鼠 冬ごもり 埋火 焚火 炬燵 風邪 日向ぼつこ 北風 冬の月 冬至 柚湯 クリスマス 師走 年の市 煤払い 年忘れ 餅つき  歳の暮 行く年 大晦日 除夜 除夜の鐘
古事記の中の和歌 懐風藻 万葉集 伊勢物語 古今集 後撰集 拾遺集 源氏物語の中の短歌 後拾遺集 金葉集 詞花集 千載集 新古今集 新勅撰集 おくのほそ道 野ざらし紀行 鹿島詣
和歌と俳句