和歌と俳句>>

古今和歌集

壬生忠岑
み吉野の山白雪ふみわけて入りにし人の おとづれもせぬ

壬生忠岑
白雪のふりてつもれる山ざとは すむ人さへや思ひきゆらん

凡河内躬恒
ふりて人もかよはぬ道なれや あとかたもなく思ひきゆらん

清原深養父
冬ながら空より花のちりくるは 雲のあなたは春にやあるらむ

貫之
冬ごもり思ひかけぬを このまより花とみるまで雪ぞふりける

坂上是則
あさぼらけありあけの月と見るまでに 吉野のさとにふれる白雪

よみ人しらず
けぬがうへに又もふりしけ 春霞たちなば み雪まれにこそ見め

よみ人しらず
梅の花それとも見えず 久方のあまぎる雪のなべてふれれば

小野たかむらの朝臣
花の色は雪にまじりて見えずとも 香をだににほへ 人の知るべく

紀貫之
梅の香のふりおける雪にまがひせば たれかこごとわきて折らまし

紀友則
雪ふれば木ごとに花ぞさきにける いづれを梅とわきて折らまし

躬恒
わがまたぬ年はきぬれど 冬草のかれにし人はおとづれもせず

在原元方
あらたまの年の終りになるごとに 雪もわが身もふりまさりつつ

よみ人しらず
雪ふりて年のくれぬる時にこそ つひにもみぢぬ松も見えけれ

はるみちのつらき
昨日といひけふとくらして あすか川 流れて速き月日なりけり

紀貫之
ゆく年の惜しくもあるかな ます鏡みる影さへにくれぬと思へば

短歌 歌枕 俳句 春の季語 夏の季語 秋の季語 冬の季語
額田王 鏡王女 志貴皇子 湯原王 弓削皇子 大伯皇女 大津皇子 人麻呂 黒人 金村 旅人 大伴坂上郎女 憶良 赤人 高橋虫麻呂 笠郎女 家持
遍昭 業平 小町 道真 素性 千里 敏行 元方 忠岑 是則 友則 貫之 躬恒 定文 兼輔 宗千 興風 深養父 伊勢
古事記の中の和歌 懐風藻 万葉集 伊勢物語 後撰集 拾遺集 源氏物語の中の短歌 後拾遺集 金葉集 詞花集 千載集 新古今集 新勅撰集 おくのほそ道 野ざらし紀行 鹿島詣
和歌と俳句