和歌と俳句>>

古今和歌集

よみ人しらず
竜田川錦おりかく 神な月しぐれの雨をたてぬきにして

源宗于朝臣
山ざとはぞさびしさまさりける 人めの草もかれぬと思へば

よみ人しらず
大空の月のひかりしきよければ 影みし水ぞまづこほりける

よみ人しらず
ゆふされば衣手さむし みよしのの吉野の山にみ雪ふるらし

よみ人しらず
今よりはつぎてふらなん わがやどのすゝきおしなみふれる白雪

よみ人しらず
ふる雪はかつぞけぬらし あしひきの山のたぎつせ音まさるなり

よみ人しらず
この川にもみぢばながる 奥山の雪げの水ぞ今まさるらし

よみ人しらず
ふるさとは 吉野の山し近ければ 一日もみ雪ふらぬ日はなし

よみ人しらず
わがやどは雪ふりしきて道もなし ふみわけてとふ人しなければ

紀貫之
ふれば 冬ごもりせる草も木も 春に知られぬ花ぞさきける

紀あきみね
白雪のところもわかずふりしけば いはほにもさく花とこそ見れ

坂上是則
み吉野の山の白雪つもるらし ふるさと寒くなりまさるなり

藤原興風
浦ちかくふりくるは 白浪の末のまつ山こすかとぞ見る

短歌 歌枕 俳句 春の季語 夏の季語 秋の季語 冬の季語
額田王 鏡王女 志貴皇子 湯原王 弓削皇子 大伯皇女 大津皇子 人麻呂 黒人 金村 旅人 大伴坂上郎女 憶良 赤人 高橋虫麻呂 笠郎女 家持
遍昭 業平 小町 道真 素性 千里 敏行 元方 忠岑 是則 友則 貫之 躬恒 定文 兼輔 宗千 興風 深養父 伊勢
古事記の中の和歌 懐風藻 万葉集 伊勢物語 後撰集 拾遺集 源氏物語の中の短歌 後拾遺集 金葉集 詞花集 千載集 新古今集 新勅撰集 おくのほそ道 野ざらし紀行 鹿島詣
和歌と俳句