神無月 かんなづき

古今集 よみ人しらず
神無月時雨とともにかみなびの森の木の葉はふりにこそふれ

古今集 よみ人しらず
たのむ木も枯れはてぬれば神無月時雨にのみも濡るるころかな

古今集 増基法師
神無月しぐればかりを身にそへてしらぬ山路に入るぞかなしき

古今集・哀傷 躬恒
神無月時雨に濡るるもみぢ葉はただわび人の袂なりけり

後撰集 よみ人しらず
ちはやふる神な月こそかなしけれわが身時雨にふりぬと思へば

好忠
なに事もゆきて祈らむと思ひしを神無月にもなりにけるかな

好忠
露ばかり袖だにぬれず神無月紅葉は雨と降りに降れども

好忠
ひとり寝る風の寒さに神無月しぐれふりにし妹ぞ恋しき

千載集 道因法師
あらし吹く比良の高嶺のねわたしにあはれしぐるる神無月かな

新古今集 藤原高光
神無月風にもみぢの散る時はそこはかとなくものぞ悲しき

定家
神無月おなじ木の葉のちる音もけふしもなごりなき心地する

式子内親王
神無月三室の山の山颪に紅くくる龍田川かな

定家
手向けしてかひこそなけれ神無月もみぢは幣と散りまがへども

定家
のこる色もあらしの山の神奈月ゐせきの浪におろすくれなゐ

実朝
神無月木の葉ふりにし山里は時雨にまがふ松の風かな

実朝
神無月しぐれふればかなら山のならの葉がしは風にうつろふ

実朝
みむろ山もみぢちるらしかみなづき立田の川に錦をりかく

立冬 初冬 神無月  初時雨 炉開 口切 十夜 酉の市 茶の花 山茶花 柊の花 八手の花 石蕗の花 芭蕉忌 鉢叩き 大根 小春 冬日和 帰り花 紅葉散る 落葉 銀杏落葉 木の葉 木枯らし 時雨 お火焚 短日 冬の日 顔見世 冬の空 水鳥 かいつぶり 初雪 初氷 寒さ 冬木立 枯木 冬枯 枯尾花
古事記の中の和歌 懐風藻 万葉集 伊勢物語 古今集 後撰集 拾遺集 源氏物語の中の短歌 後拾遺集 金葉集 詞花集 千載集 新古今集 新勅撰集 おくのほそ道 野ざらし紀行 鹿島詣
お得区案内図 旅行案内