かいつぶり 鳰

後撰集 よみ人しらず
冬の池にすむにほ鳥のつれもなくしたにかよはん人にしらすな

式子内親王
鳰鳥の立居に払ふつばさにも落ぬ霜をば月としらずや

定家
鳰鳥のしたのかよひも絶えぬらむ残る浪なき池のこほりに

暁台
かひつぶり浮出まで見て過ぬ

几董
野の池や氷らぬかたにかいつぶり

虚子
鳰がゐて鳰の海とは昔より

石鼎
松影へ水尾引いて浮くかいつむり

汀女
鳰葭に集りぬ湖暮るる

みどり女
蘆の風に流るゝさまやかいつむり

石鼎
風の鳰きほひなきつゝ進みけり

悌二郎
夕沼や水尾の先なる鳰一つ

水巴
一つ行きてつづく声なしかいつぶり

秋櫻子
古利根や家鴨とあそぶかいつむり

鷹女
鳰鳴くや落葉踏みくる茶の帽子

石鼎
鳰浮くと枯蘆蔭の人の声

石鼎
水かぶりたかぶりをどり鳰しばし

喜舟
水玉や尻ををかしくかいつぶり

悌二郎
鳰二つかづき潜きてへだたりぬ

草城
にほどりや野山の枯るる閑けさに

草城
かいつぶりさびしくなればくぐりけり

汀女
夕波にまぎるる鳰のかなしけれ

しづの女
鳰の描く水尾の白線剛かつし

楸邨
鳰あそぶ舟路はありぬ萱の中

楸邨
鳰のこゑ冬田に失せて沼におこる

耕衣
母は子を叱つてゐるが鳰すすむ

鷹女
鳰のこゑ湧き起り冬日野に小さし

鷹女
鳰のこゑ日輪に触り野を衝ける

鷹女
漣のひかり凍てつつ鳰棲めり

虚子
浮き沈む鳰の波紋の絶間なく

虚子
鳰の頭伸びしと見しが潜りけり

秋櫻子
河口には波騒げども潟の鳰

波郷
東京に出て日は西す鳰の岸

多佳子
頭勝なる鳰の身すぐにくつがへる

鷹女
中年に日月速し鳰

青畝
淀君の秘史以後のこと鳰

青畝
友鳰の走るかぎりの鳰の湖

秋櫻子
舟通しふかく入り来て鳰の居り

不死男
松籟の大揺れ止めりかいつぶり

波郷
古妻や鳰とあそびて誕生日

林火
かいつむりみな潜りたり人も去る

汀女
鳰沈みわれも何かを失ひし

立冬 初冬 神無月  初時雨 炉開 口切 十夜 酉の市 茶の花 山茶花 柊の花 八手の花 石蕗の花 芭蕉忌 鉢叩き 大根 小春 冬日和 帰り花 紅葉散る 落葉 銀杏落葉 木の葉 木枯らし 時雨 お火焚 短日 冬の日 顔見世 冬の空 水鳥 かいつぶり 初雪 初氷 寒さ 冬木立 枯木 冬枯 枯尾花
おくのほそ道 野ざらし紀行 鹿島詣
お得区案内図 旅行案内