後撰和歌集

よみ人しらず
まこもかるほり江にうきてぬる鴨のこよひの霜にいかにわぶらん

白雲のおりゐる山とみえつるはふりつる雪のきえぬなりけり

ふるさとのは花とぞふりつもるながむる我も思ひきえつつ

流れゆく水こほりぬる冬さへや猶うき草のあとはとどめぬ

心あてに見はこそわかめ白雪のいづれか花のちるにたがへる

天の河冬は氷にとぢたれやいしまにたぎつ音だにもせぬ

おしなべてのふれればわがやどの杉を尋ねてとふ人もなし

冬の池の水に流るるあし鴨のうきねながらにいくよへぬらん

山ちかみめづらしげなくふる雪のしろくやならん年つもりなば

松の葉にかかれる雪のそれをこそ冬の花とはいふべかりけれ

ふる雪はきえてもしばしとまらなん花ももみぢも枝になきころ

涙河身なくばかりの淵はあれど氷とけねばゆく方もなし

ふる雪に物思ふわが身おとらめやつもりつもりてきえぬばかりぞ

よるならば月とぞみましわがやどの庭白妙にふりつもる雪

梅が枝にふりおける雪を春ちかみめのうちつけに花かとぞ見る

いつしかと山の桜もわがごとく年のこなたに春を待つらむ

年深くふりつむ雪を見るときぞ越のしらねにすむここちする

としくれて春あけがたになりぬれば花のためしにまがふ白雪

春ちかくふる白雪は小倉山峰にぞ花のさかりなりける

冬の池にすむにほ鳥のつれもなくしたにかよはん人にしらすな

うばたまのよるのみふれる白雪は照る月影のつもるなりけり

この月の年のあまりにたらざらば鶯ははやなきぞしなまし

関こゆる道とはなしにちかなから年にさはりて春をまつかな

藤原敦忠朝臣
物思ふとすくる月日も知らぬ間に今年はけふにはてぬとかきく

短歌 歌枕 俳句 春の季語 夏の季語 秋の季語 冬の季語
遍昭 業平 小町 道真 素性 千里 敏行 元方 忠岑 是則 友則 貫之 躬恒 定文 兼輔 宗于 興風 深養父 伊勢 敦忠 兼盛 元輔 朝忠 中務
古事記の中の和歌 懐風藻 万葉集 伊勢物語 古今集 拾遺集 源氏物語の中の短歌 後拾遺集 金葉集 詞花集 千載集 新古今集 新勅撰集 おくのほそ道 野ざらし紀行 鹿島詣
和歌と俳句