和歌と俳句

原 石鼎

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12

松籟に日はかくれたる落葉かな

ひらひらと金箔はげて大熊手

梟淋し人の如くに瞑る時

青天に飼はれて淋し木菟の耳

日の輪かなしたかぶり怒るづくの羽に

河豚の歯の三角にらむ空深し

ちぎれ飛ぶ焔に焚火寒さあり

焚火中俄に燃えて枝一つ

焚火の火やがてうつらずなりし水

髪に浮く雪片一つ夜の暖炉

襟巻に一片浮ける朱唇かな

肩へはねて襟巻の端日に長し

冬雨に動く色見し朽葉かな

夕鐘のわなゝきにさめての畦

蘭にとまりし雪片動き消ゆる哉

戸に出でし人に日南や裾野雪

棕梠の葉の雪よりたちて日の吹雪

くるゝ山の大雪に伏す木々の念

枳殻垣上溜りして夕霰

寒む霰雲と天との虚空より

菊の紅かすかに月の霰かな

泊船の朱見えて小春松のひま

月の面の穢の鮮かに落葉かな

時雨るるや空の青さをとぶ鴉

太陽に黒点出来し蕪かな