和歌と俳句

小春 小六月

橋立の根にかたまりて茶屋小春 泊雲

雀殖ゆる小春の庭をたのしみぬ かな女

古町の篁垂るる小春かな 秋櫻子

泉湧く女峰の萱の小春かな 秋櫻子

小春日有縁無縁の墓を洗ふ 山頭火

小春日、仏像を買うて戻つた 山頭火

片富士の裾に小春の村見ゆる かな女

玉の如き小春日和を授かりし たかし

お地蔵さまのお手のお花が小春日 山頭火

小春日をあるけば墓が二つ三つ 山頭火

石鼎
小春日や光る草ある草の中

石鼎
小春窓閉して凭りしピアノかな

かな女
大山河小春の道もありしかな

風生
一翳の雲ゆゑいよよ小春空

淡路女
海女の髪つれなう赭き小春かな

こちらがあゆめばあちらもうごく小春雲 山頭火

みどり女
小春縁さきのことなど思ふまじ

たかし
小春日や耕牛耕馬孜々として

万太郎
憲政の常道おもふ小春かな

立子
尻高くはね上げ小犬小春園

万太郎
わざはひも三年たちし小春かな

波郷
茶柱の小春ばかりにあらぬかな

茅舎
小春日の章魚は真赤に染められし

茅舎
山内にひとつ淫祠や小六月

小春日や宝物殿の白き壁 占魚

たかし
蘆の綿芒の尉や里小春

たかし
小春日の葭のささやく物語

素逝
日輪の下にうかみて小春雲

素逝
しづかなる小春となりし枝のさき

万太郎
小春空たまたま雲の生れつぎ

万太郎
草の尖さはる小春の障子かな

素十
山中湖凧のあがれる小春かな

書をふせぬ小春の縁の日にほうけ 占魚

小春日の池を翡翠のあざやかに 占魚