神無月

宗鑑
風寒し破れ障子の神無月

其角
御留守居に申し置く也神無月

支考
鈴鹿よりあちらは白し神無月

也有
蜘の巣に禰宜がかゝるや神無月

也有
拍手もかれ行森や神無月

蕪村
宗任に水仙見せよ神無月

太祇
人顔も旅の昼間や神無月

一葉
神無月しぐれてさむき袖がきになほ盛なる白菊の花

漱石
空狭き都に住むや神無月

虚子
宮柱太しく立ちて神無月

晶子
日の後のほの赤ばみや神無月ぬるでの森に似たる夕雲

晶子
神無月濃きくれなゐの紐たるる鶏頭の花しらぎくの花

晶子
風通ふなほ薄着して背をゆがめ髪上げわぶるわが神無月

啄木
神無月 岩手の山の 初雪の眉にせまりし朝を思ひぬ

茂吉
かみな月五日に雪をかかむれる鳥海のやま月讀のやま

泊雲
矢大臣の顔修繕や神無月

蛇笏
葬人の野に曳くかげや神無月

蛇笏
山妻や髪たぼながに神無月

みどり女
石室に大黒天や神無月

石鼎
真東に金の月出てかみなづき

石鼎
神無月畑の真中に出来し道

石鼎
神ながら巌ぞ立てり神無月

青畝
龍田まで足の序や神無月

喜舟
大根の青き頭や神無月

青畝
この神のもと佛なり神無月

青畝
高き木の立並びけり神無月

草田男
たらちねとして日々潔し神無月

秋櫻子
出雲路や神有月の温泉あふれ

秋櫻子
神棚の漆黒古りて神無月

みどり女
赤々と朝日卒壽の神無月

みどり女
群鳴いて鴉過ぎゆく神無月

波郷
独活畑も川も失せけり神無月

立冬 初冬 神無月  初時雨 炉開 口切 十夜 酉の市 茶の花 山茶花 柊の花 八手の花 石蕗の花 芭蕉忌 鉢叩き 大根 小春 冬日和 帰り花 紅葉散る 落葉 銀杏落葉 木の葉 木枯らし 時雨 お火焚 短日 冬の日 顔見世 冬の空 水鳥 かいつぶり 初雪 初氷 寒さ 冬木立 枯木 冬枯 枯尾花
古事記の中の和歌 懐風藻 万葉集 伊勢物語 古今集 後撰集 拾遺集 源氏物語の中の短歌 後拾遺集 金葉集 詞花集 千載集 新古今集 新勅撰集 おくのほそ道 野ざらし紀行 鹿島詣
お得区案内図