石川啄木

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15

ふるさとの停車場路の 川ばたの 胡桃の下に小石拾へり

ふるさとの山に向ひて 言ふことなし ふるさとの山はありがたきかな

ふるさとの空遠みかも 高き屋にひとりのぼりて 愁ひて下る

皎として玉をあざむく小人も 秋来といふに 物を思へり

かなしきは 秋風ぞかし 稀にのみ湧きし涙の繁に流るる

青に透く かなしみの玉に枕して 松のひびきを夜もすがら聴く

神寂びし七山の杉 火のごとく染めて日入りぬ 静かなるかな

そを読めば 愁ひ知るといふ書焚ける いにしへ人の心よろしも

ものなべてうらはかなげに 暮れゆきぬ とりあつめたる悲しみの日は

水潦 暮れゆく空とくれなゐの紐を浮べぬ 秋雨の後

秋立つは水にかも似る 洗はれて 思ひことごと新しくなる

愁ひ来て 丘にのぼれば 名も知らぬ鳥啄めり赤き茨の実

秋の辻 四すぢの路の三すぢへと吹きゆく風の あと見えずかも

秋の声まづいち早く耳に入る かかる性持つ かなしむべかり

目になれし山にはあれど 秋来れば 神や住まむとかしこみて見る

わが為さむこと世に尽きて 長き日を かくしもあはれ物を思ふか

さららさらと雨落ち来り 庭の面の濡れゆくを見て 涙わすれぬ

ふるさとの寺の御廊に 踏みにける 小櫛の蝶を夢にみしかな

こころみに いとけなき日の我となり 物言ひてみむ人あれと思ふ

はたはたと黍の葉鳴れる ふるさとの軒端なつかし 秋風吹けば

摩れあへる肩のひまより はつかにも見きといふさへ 日記に残れり

風流男は今も昔も 泡雪の 玉手さし捲く夜にし老ゆらし

かりそめに忘れても見まし 石だたみ 春生ふる草に埋るるがごと

その昔揺籃に寝て あまたたび夢にみし人か 切になつかし

神無月 岩手の山の 初雪の眉にせまりし朝を思ひぬ

和歌と俳句