石川啄木

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15

何もかも行末のことみゆるごとき このかなしみは 拭ひあへずも

とある日に 酒をのみたくならぬごと 今日われ切に金を欲りせり

水晶の玉をよろこびもてあそぶ わがこの心 何の心ぞ

事もなく 且つこころよく肥えてゆく わがこのごろの物足らぬかな

大いなる水晶の玉を ひとつ欲し それにむかひて物を思はむ

うぬ惚るる友に 合槌をうちてゐぬ 施与をするごとき心に

ある朝のかなしき夢のさめぎはに 鼻に入り来し 味噌を煮る香よ

こつこつと空地に石をきざむ音 耳に入り来ぬ 家に入るまで

何がなしに 頭のなかに崖ありて 日毎に土のくづるるごとし

遠方に電話の鈴の鳴るごとく 今日も耳鳴る かなしき日かな

垢じみしの襟よ かなしくも ふるさとの胡桃焼くるにほひす

死にたくてならぬ日あり はばかりに人目を避けて 怖き顔する

一隊の兵を見送りて かなしかり 何ぞ彼等のうれひ無げなる

邦人の顔たへがたく卑しげに 目にうつる日なり 家にこもらむ

この次の休日に一日寝てみむと 思ひすごしぬ 三年このかた

或る時のわれのこころを 焼きたての 麺麭に似たりと思ひけるかな

たんたらたらたんたらたらと 雨滴が 痛むあたまにひびくかなしさ

ある日のこと 室の障子をはりかへぬ その日はそれにて心なごみき

かうしては居られずと思ひ 立ちにしが 戸外に馬の嘶きしまで

気ぬけして廊下に立ちぬ あららかに扉を推せしに すぐ開きしかば

ぢつとして 黒はた赤のインク吸ひ 堅くかわける海綿を見る

誰が見ても われをなつかしくなるごとき 長き手紙を書きたき夕

うすみどり 飲めば身体が水のごと 透きとほるてふ 薬はなきか

いつも睨むラムプに飽きて 三日ばかり 蝋燭の火にしたしめるかな

人間のつかはぬ言葉 ひよつとして われのみ知れるごとく思ふ日

和歌と俳句