石川啄木

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15

殴らむといふに 殴れとつめよせし 昔の我のいとほしきかな

汝三度 この咽喉に剣を擬したりと 彼告別の辞に言へりけり

あらそひて いたく憎みて別れたる 友をなつかしく思ふ日も来ぬ

あはれかの眉の秀でし少年よ 弟と呼べば はつかに笑みしが

わが妻に着物縫はせし友ありし 冬早く来る 植民地かな

平手もて吹雪にぬれし顔を拭く 友共産を主義とせりけり

酒のめば鬼のごとくに青かりし 大いなる顔よ かなしき顔よ

樺太に入りて 新しき宗教を創めむといふ 友なりしかな

治まれる世の事無さに 飽きたりといひし頃こそ かなしかりけれ

共同の薬屋開き 儲けむといふ友なりき 詐欺せしといふ

あをじろき頬に涙を光らせて 死をば語りき 若き商人

子を負ひて 雪の吹き入る停車場に われ見送りし妻の眉かな

敵として憎みし友と やや長く手をば握りき わかれといふに

ゆるぎ出づる汽車の窓より 人先に顔を引きしも 負けざらむため

みぞれ降る 石狩の野の汽車に読みし ツルゲエネフの物語かな

わが去れる後の噂を おもひやる旅出はかなし 死ににゆくごと

わかれ来てふと瞬けば ゆくりなく つめたきものの頬をつたへり

忘れ来し煙草を思ふ ゆけどゆけど 山なほ遠き雪の野の汽車

うす紅く雪に流れて 入日影 曠野の汽車の窓を照せり

腹すこし痛み出でしを しのびつつ 長路の汽車にのむ煙草かな

乗合の砲兵士官の 剣の鞘 がちやりと鳴るに思ひやぶれき

名のみ知りて縁もゆかりもなき土地の 宿屋安けし 我が家のごと

伴なりしかの代議士の 口あける青き寐顔を かなしと思ひき

今夜こそ思ふ存分泣いてみむと 泊りし宿屋の 茶のぬるさかな

水蒸気 列車の窓に花のごと凍てしを染むる あかつきの色

和歌と俳句