大伴坂上郎女

木綿畳手に取り持ちてかくだにも我れは祈ひなむ君に逢はじかも

山守のありける知らにその山に標結ひ立てて結ひの恥しつ

橘をやどに植ゑ生ほし立ちて居て後に悔ゆとも験あらめやも

留めえぬ命にしあれば敷栲の家ゆは出でて雲隠りにき

佐保川の小石踏み渡りぬばたまの黒馬来る夜は年にもあらぬか

千鳥鳴く佐保の川瀬のさざれ波やむ時もなし我が恋ふらくは

来ぬと言ふも来ぬ時あるを来じと言ふを来むとは待たじ来じと言ふものを

千鳥鳴く佐保の川門の瀬を広み打橋渡す汝が来と思へば

佐保川の岸のつかさの柴な刈りそねありつつも春し来らば立ち隠るがね

黒髪に白髪交り老ゆるまでかかる恋にはいまだ逢はなくに

山菅の実ならぬことを我れに寄せ言はれし君は誰れとか寝らむ

出でて去なむ時しはあらむをことさらに妻恋しつつ立ちていぬべしや

相見ずは恋ひずあらましを妹を見てもとなかくのみ恋ひばいかにせむ

初めより長く言ひつつ頼めずはかかる思ひに逢はましものか

心には忘るる日なく思へども人の言こそ繁き君にあれ

夏葛の絶えぬ使のよどめれば事しもあるごと思ひつるかも

鏡王女 額田王 志貴皇子 湯原王 弓削皇子 大伯皇女 大津皇子 人麻呂歌集 人麻呂 黒人 金村 旅人 大伴坂上郎女 憶良 赤人 高橋虫麻呂 笠郎女 家持 古歌集 古集 万葉集東歌 万葉集防人歌
子規 一葉 左千夫 鉄幹 晶子 龍之介 赤彦 八一 茂吉 牧水 白秋 啄木 利玄 千樫 憲吉 耕平 迢空
短歌 歌枕 俳句 春の季語 夏の季語 秋の季語 冬の季語
古事記の中の和歌 懐風藻 万葉集 伊勢物語 古今集 後撰集 拾遺集 源氏物語の中の短歌 後拾遺集 金葉集 詞花集 千載集 新古今集 新勅撰集 おくのほそ道 野ざらし紀行 鹿島詣
和歌と俳句