石川啄木

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15

ふるさとの訛なつかし 停車場の人ごみの中に そを聴きにゆく

やまひある獣のごとき わがこころ ふるさとのこと聞けばおとなし

ふと思ふ ふるさとにゐて日毎聴きし雀の鳴くを 三年聴かざり

亡くなれる師がその昔 たまひたる 地理の本など取りいでて見る

その昔 小学校の柾屋根に我が投げし鞠 いかにかなりけむ

ふるさとの かの路傍のすて石よ 今年も草に埋もれしらむ

わかれをれば妹いとしも 赤き緒の下駄など欲しとわめく子なりし

二日前に山の絵見しが 今朝になりて にはかに恋しふるさとの山

飴売のチャルメラ聴けば うしなひし をさなき心ひろへるごとし

このごろは 母も時時ふるさとのことを言ひ出づ 秋に入れるなり

それとなく 郷里のことなど語り出でて 秋の夜に焼く餅のにほひかな

かにかくに渋民村は恋しかり おもひでの山 おもひでの川

田も畑も売りて酒のみ ほろびゆくふるさと人に 心寄する日

あはれかの我の教へし 子等もまた やがてふるさとを棄てて出づるらむ

ふるさとを出で来し子等の 相会ひて よろこぶにまさるかなしみはなし

石をもて追はるるごとく ふるさとを出でしかなしみ 消ゆる時なし

やはらかに柳あをめる 北上の岸辺目に見ゆ 泣けとごとくに

ふるさとの 村医の妻のつつましき櫛巻なども なつかしきかな

かの村の登記所に来て 肺病みて 間もなく死にし男もありき

小学の首席を我と争ひし 友のいとなむ 木賃宿かな

千代治等も長じて恋し 子を挙げぬ わが旅にしてなせしごとくに

ある年の盆の祭に 衣貸さむ踊れと言ひし 女を思ふ

うすのろの兄と 不具の父もてる三太はかなし 夜も書読む

我と共に 栗毛の仔馬走らせし 母の無き子の盗癖かな

大形の被布の模様の赤き花 今も目に見ゆ 六歳の日の恋

その名さへ忘られし頃 飄然とふるさとに来て 咳せし男

意地悪の大工の子などもかなしかり 戦に出でしが 生きてかへらず

和歌と俳句