和歌と俳句>>俳句

横井也有

井戸からもひとつ汲けりけふの月

美濃近江起てやかたるけふの月

鐘撞や我手におしむけふの月

芋よりも名はさ ゝげにぞ十六夜

鮓うりを垣からまねく穂蓼

昼からの鍋にしかける夜寒

富士はたゞ袴に着たる錦かな

丸ふ咲て月に見せけりけふの菊

辻番も一もと菊のあるじかな

もる軒に時雨もちかし後の月

菊畑にのこる星あり後の月

不破のあれ芭蕉に見るや後の月

上を見ぬ目にも欲あり菌狩

蓑虫の父よと呼ばかゝし

ゆく秋や尻も結ばぬ糸すゝき

行秋の時雨そふなと急ぎけり

秋来ぬと聞や豆腐の磨の音

折る指もけふから秋ぞ百日紅

秋なれや木の間木の間の空の色

牛牽て恋草かりや天の川

うしや今宵天の河原の茶挽草

七夕や葛ふく風は夜明から

星の床まだ仕廻ずや明の雲

魂棚や不順も順に置直し

送り火やわかれた人に別れあり

宗鑑 貞徳 季吟 宗因 来山 言水 才麿 鬼貫 芭蕉 素堂 其角 嵐雪 去来 丈草 凡兆 史邦 杉風 荷兮 曾良 路通 越人 土芳 野坡 支考 許六 浪化 惟然 北枝 涼菟 千代女 太祇 蕪村 暁台 几董 召波 白雄 青蘿 一茶
俳句 春の季語 夏の季語 秋の季語 冬の季語 短歌 歌枕
古事記の中の和歌 懐風藻 万葉集 伊勢物語 古今集 後撰集 拾遺集 源氏物語の中の短歌 後拾遺集 金葉集 詞花集 千載集 新古今集 新勅撰集 おくのほそ道 野ざらし紀行 鹿島詣
和歌と俳句