夜寒

病鳫の夜さむに落ちて旅ね哉 芭蕉

乳麺の下たきたつる夜寒哉 芭蕉

夜寒さや舟の底する砂の音 北枝

身あがりにひとりねざめの夜寒哉 千代女

猿どのの夜寒訪ゆく菟かな 蕪村

壁隣ものごとつかす夜さむ哉 蕪村

欠け欠けて月もなくなる夜寒哉 蕪村

手燭して能ふとん出す夜寒哉 蕪村

巫女に狐恋する夜寒かな 蕪村

夜を寒み小冠者臥たり北枕 蕪村

洟たれて独碁をうつ夜寒哉 蕪村

書つづる師の鼻赤き夜寒哉 蕪村

きりぎりす自在をのぼる夜寒哉 蕪村

やゝ老て初子育る夜寒かな 太祇

旅人や夜寒問合ふねぶた声 太祇

椎の実の板屋を走る夜寒哉 暁台

海近き雨や夜寒の濡むしろ 暁台

明ばまた夜寒の雨戸繕はん 召波

月の洩穴も夜寒のひとつ哉 召波

灯ちらちらどの皃つきも夜寒哉 一茶

鶏の小首を曲る夜寒哉 一茶

サボテンのサメハダ見れば夜寒哉 一茶

両国の両方ともに夜寒哉 一茶

あばら骨なでじとすれど夜寒哉 一茶

木兎が杭にちよんぼり夜寒哉 一茶

石梨のからりからりと夜寒哉 一茶

大声に夜寒かたるや垣越に 一茶

一人と帳に付たる夜寒哉 一茶

あおぞらのきれい過たる夜寒哉 一茶

秋の日 秋晴れ 秋の空 秋の雲 秋の山 秋風 秋の暮 秋の雨 松茸 ばった 案山子 鳴子 落とし水 落ち鮎 渡り鳥 ひよどり 鶺鴒 啄木鳥 柘榴 無花果 葡萄 あけび 烏瓜 秋祭り 菊人形 菊日和 野菊 後の月 朝寒 夜寒 身に入む むかご ざぼん 浅茅 紅葉 鹿 残菊 末枯れ 柳散る 行く秋 暮の秋
おくのほそ道 野ざらし紀行 鹿島詣
お得区案内図