鴫 しぎ

千載集 源兼昌
我が門のおくての引板におどろきて室の刈田に鴫ぞ立つなる

寂蓮
ほのかにも鴫の羽音ぞ聞ゆなる残ことなき秋の寝覚に

家隆明ぬとて沢立つ鴫の一声は羽かくよりも哀なりけり

定家
いまはとて鴫も立つなり秋の夜の思ひの底に露は残りて

定家
からころも裾野の庵の旅まくら袖より鴫の立つ心地する

良経
波よする澤のあしべを臥しわびて風にたつなり鴫のはねかき

刈あとや早稲かたがたの鴫の声 芭蕉

鴫たつや余所のわかれに暮まさり 千代女

鴫立て秋天ひききながめ哉 蕪村

たつ鴫に眠る鴫ありふた法師

鴫遠く鍬すすぐ水のうねりかな

よる浪やたつとしもなき鴫一ッ 太祇

つくづくと鴫我を見る夕べ哉 一茶

鴫どもも立尽したり木なし山 一茶

鴫立て畠の馬のあくび哉 一茶

鴫立や人のうしろの人の顔 一茶

立鴫や我うしろにもうつけ人 一茶

三絃で鴫を立たする潮来哉 一茶

立鴫とさし向ひたる仏哉

立てば淋し立たなば淋し鴫一つ 子規

一葉
長き夜をおなじ思ひにかこつらんありあけ方の鴫の羽がき

鴫立つや残る事五十 漱石


秋の田の穗の上霧合ヘりしかすがに月夜さやけみ鴫鳴きわたる


秋の田に鳥網張り待ちこのよひの清き月夜に鴫とりかへる

立つ鴫をほういと追ふや小百姓 虚子

鴫立つて我れ来し方へ飛びにけり 鬼城

夕鴫は畦木淋しく飛びにけり 喜舟

鴫下りし音に目ざめつ月の酔 普羅

鴫一つ向ふさがりや沼の小田 青畝

立つ鴫を言吃りして見送りぬ 青畝

立つ鴫を見る我顔に夕日かな 誓子

秋の日 秋晴れ 秋の空 秋の雲 秋の山 秋風 秋の暮 秋の雨 松茸 ばった 案山子 鳴子 落とし水 落ち鮎 渡り鳥 ひよどり 鶺鴒 啄木鳥 柘榴 無花果 葡萄 野菊 後の月 朝寒 夜寒 身に入む むかご 蘆の花 木の実落つ 椎の実 ざぼん 紅葉 鹿 残菊 末枯れ 柳散る 行く秋 暮秋
古事記の中の和歌 懐風藻 万葉集 伊勢物語 古今集 後撰集 拾遺集 源氏物語の中の短歌 後拾遺集 金葉集 詞花集 千載集 新古今集 新勅撰集 おくのほそ道 野ざらし紀行 鹿島詣
旅行案内 お得区案内図