坂上是則
かりてほす山田のいねのこきたれてなきこそわたれ秋のうければ

凡河内躬恒
かりてほす山田の稲をほしわびてまもるかりほにいくよへぬらん

好忠
我守るなかての稲ものぎはおちむらむら穂先出でにけるかも

遠山田穂波うち過ぎ出でにけりいまは見守りもそら目すらしも

匡房
ちはやぶる神田の里の稲なれば月日とともに久しかるべし

旅人の藪にはさみし稲穂哉> 一茶

稻の香や闇に一すぢ野の小道 子規

稲の穂の伏し重なりし夕日哉 子規

稲の穂や南に凌雲閣低し 子規

村遠近雨雲垂れて稲十里 子規

稲の穂に湯の町低し二百軒 子規

稲の雨斑鳩寺にまうでけり

稲の秋命拾ふて戻りけり

山四方中を十里の稲莚 漱石

一里行けば一里吹くなり稲の風

稲熟し人癒えて去るや温泉の村 漱石

長塚節
稲刈りて淋しく晴るる秋の野に黄菊はあまた眼をひらきたり

茂吉
稲を扱く器械の音はやむひまの無くぞ聞こゆる丘のかげより

秋の日 秋晴れ 秋の空 秋の雲 秋の山 秋風 秋の暮 秋の雨 松茸 案山子 鳴子 渡り鳥 ひよどり 鶺鴒 啄木鳥 葡萄 野菊 後の月 朝寒 夜寒 身に入む むかご 蘆の花 木の実落つ 椎の実 ざぼん 紅葉 鹿 残菊 末枯れ 柳散る 行く秋 暮秋
古事記の中の和歌 懐風藻 万葉集 伊勢物語 古今集 後撰集 拾遺集 源氏物語の中の短歌 後拾遺集 金葉集 詞花集 千載集 新古今集 新勅撰集 おくのほそ道 野ざらし紀行 鹿島詣
旅行案内 お得区案内図