和歌と俳句

正岡子規

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12

稲の穂や南に凌雲閣低し

見下せば里は稲刈る日和かな

掛稲や野菊花咲く道の端

掛稲に螽飛びつく夕日かな

鶏の親子引きあふ落穂かな

稲舟や野菊の渚蓼の岸

稲積んで車押し行く親子哉

村遠近雨雲垂れて十里

秋立つやほろりと落ちし蝉の殻

初秋の簾に動く日あし哉

尻の跡もう冷かに古畳

学ぶ夜の更けて身に入む昔哉

朝寒や蘇鉄見に行く妙国寺

朝寒やひとり墓前にうづくまる

不忍の池をめぐりて夜寒かな

須磨寺の門を過ぎ行く夜寒哉

大仏の足もとに寐る夜寒哉

やや寒み襟を正して坐りけり

長き夜の面白きかな水滸伝

長き夜や人灯を取つて庭を行く

長き夜を月取る猿の思案哉

鎌倉や秋の夕日の旅法師

藪寺に磬打つ音や秋の暮

日蓮の死んだ山あり秋の暮

いさましく別れてのちの秋の暮