葉鶏頭 雁来紅 かまつか

子規
夏菊の枯るる側より葉鶏頭の紅深く伸び立ちにけり

子規
起しても首うなだるるかまつかの物思ふさまぞあはれなりける

漱石
葉鶏頭高さ五尺に育てけり

左千夫
かまつかをいやしとを云へ秋ふけて色さびぬれば飽なくおもほゆ

晶子
養はるる寺の庫裏なる雁来紅輪袈裟は掛けで鶏おはましを


葉鷄頭は種にとるべくさびたれど猶しうつくし秋かたまけて

碧梧桐
誰が植ゑて雁来紅や籠り堂


我が植ゑし庭の葉鷄頭くれなゐのかそけく見えて未だ染めずも

亞浪
コスモスへゆきかまつかへゆき憩ふ

かな女
葉鶏頭端書一ぱいに書きにけり

晶子
みづからをしひて頼めり野分吹く雁来紅の一丈の紅

晶子
新しく湧き上りたる恋のごと雁来紅の立つはめでたし

石鼎
高々と薄き黄色や葉鶏頭

晶子
ふと心めでたき鳥を飼ふとしぬ雁来紅の尺ばかりなる

石鼎
雁はれや添へ竹立てゝ雁来紅

久女
葉鶏頭のいただき躍驟雨かな

久女
葉鶏頭に土の固さや水沁まず

久女
石の間に生えて小さし葉鶏頭

爽雨
髪梳いて疲れし母や葉鶏頭

淡路女
雁来紅にたちよりときぬ洗ひ髪

草城
齢を問へば雁来紅に目をつむる

松虫 鈴虫 馬追 蟋蟀 竈馬 きりぎりす くつわむし 鉦叩 蟷螂 名月 今日の月 月見 良夜 無月 雨月 十六夜 蜻蛉 帰燕 曼珠沙華 鶏頭 雁来紅 秋海棠 竜胆 コスモス 吾亦紅 露草 蕎麦の花 糸瓜 唐辛子 唐黍 木犀 冷やか 秋の水
お得区案内図