和歌と俳句

夏目漱石

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12

名月や十三円の家に住む

東君は今頃寐て居るか

行く秋をすうとほうけし薄哉

祭文や小春治兵衛に暮るる秋

僧堂で痩せたる我に秋暮れぬ

行秋を踏張て居る仁王哉

行秋や博多の帯の解け易き

日の入や五重の塔に残る秋

行く秋や椽にさし込む日は斜

原広し吾門前の星月夜

新らしき蕎麦打て食はん坊の雨

影法師に並んで静かなり

きぬぎぬや裏の篠原多し

君が名や硯に書いては洗ひ消す

藻ある底に魚の影さす秋の水

秋の山松明かに入日かな

一人出て粟刈る里や夕焼す

配達ののぞいて行くや秋の水

秋の蠅握つて而して放したり

生憎や嫁瓶を破る秋の暮

接待や御僧は柿をいくつ喰ふ

馬盥や水烟して朝寒し

咲て通る路なる逢はざりき

空に一片秋の雲行く見る一人

野分して一人障子を張る男