和歌と俳句

夏目漱石

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11

東風吹くや山一ぱいの雲の影

馬の背で船漕ぎ出すや春の旅

雀来て障子にうごく花の影

何事ぞ手向し花に狂ふ

春雨や柳の中を濡れて行く

大弓やひらりひらりと梅の花

矢響の只聞ゆなり梅の中

弦音にほたりと落る椿かな

春雨や寐ながら横に梅を見る

烏帽子着て渡る禰宜あり春の川

小柄杓や蝶を追ひ追ひ子順礼

菜の花の中に小川のうねりかな

風に乗つて軽くのし行くかな

花に酔ふ事を許さぬ物思ひ

名は物の見事に散る事よ

巡礼と野辺につれ立つ日永

春の川故ある人を背負ひけり

ちとやすめ張子の虎も春の雨

恋猫や主人は心地例ならず

見返れば又一ゆるぎかな

不立文字白梅一木咲きにけり

春風や女の馬子の何歌ふ

春の川橋を渡れば柳哉

うねうねと心安さよ春の水

思ふ事只一筋に乙鳥かな