朧 おぼろ

辛崎の松は花より朧にて 芭蕉

おぼろおぼろ灯見るや淀の橋 鬼貫

星崎の朧や低し亭の上 越人

三日月のしばらくながら朧かな 也有

辛崎の朧いくつぞ与謝の海 蕪村

朧朧ふめば水也もよひ道 一茶

夕されば朧作るぞ小藪から

すみだ川くれぬうちより朧也

一葉
おぼろおぼろ月はかすみて我が岡の梅遠じろくみゆる夜半かな

白き山青き山皆おぼろなり 子規

其夜又朧なりけり須磨の巻 漱石

暁の夢かとぞ思ふ朧かな 漱石

羽団扇や朧に見ゆる神の輿 漱石

伽羅焚て君を留むる朧かな 漱石

わが歌の胡弓にのらぬ朧かな 漱石

五十町上れば灯す朧かな 碧梧桐

朧とは今日の隅田の月のこと 虚子

芦生ふるかぎり潮押す朧かな 亞浪

鯛膾二舟相寄る朧かな 放哉

浦の男に浅瀬問ひ居る朧哉 漱石

果樹園に積む石ありておぼろかな 蛇笏

春の日 日永 長閑 初桜 入学 草餅 桜餅 桃の花 梨の花 沈丁花 辛夷 木蓮 連翹 春暁 春昼 春の月 朧月  花の雲 花見 春の海 春の潮 汐干 桜鯛 桜貝 仏生会 花御堂 甘茶 菜の花 春の風 山吹 海棠 馬酔木の花 茶摘み 躑躅 石楠花 行く春 暮春 春惜しむ
古事記の中の和歌 懐風藻 万葉集 伊勢物語 古今集 後撰集 拾遺集 源氏物語の中の短歌 後拾遺集 金葉集 詞花集 千載集 新古今集 新勅撰集 おくのほそ道 野ざらし紀行 鹿島詣
お得区案内図 旅行案内