和歌と俳句

海棠 かいどう

海棠の花のうつつや朧月 其角

海棠や白粉に紅をあやまてる 蕪村

海棠や誰が置たる楢枕 暁台

海棠や檐に鸚鵡の宙がへり 子規

植木屋の海棠咲くや棕梠の中 碧梧桐

晶子
海棠に えうなくときし 紅すてて 夕雨みやる 瞳よたゆき

晶子
春雨に ぬれて君こし 草の門よ おもはれ顔の 海棠の夕

晶子
ゆふぐれを 籠へ鳥よぶ いもうとの 爪先ぬらす 海棠の雨

海棠の露をふるふや朝烏 漱石

海棠や縁を往き来す狆の鈴 蛇笏

晶子
何ごとか われを憚る 思ひして まぶたの腫れし 海棠の花

海棠を見て賽しけり妙本寺 虚子

海棠や縁にこぼれて傘雫 月二郎

海棠やかきくらし降る法の雨 風生

尼寺に海棠紅き浮世かな 喜舟

海棠や化粧の水を筧から 喜舟

水兵や大海棠をひとめぐり 立子

海棠のよき窓あけて人住めり 

海棠に法鼓とどろく何かある たかし

海棠にうつろふ花に開宗会 たかし

海棠の雨といふ間もなく傷み 虚子

海棠や旅籠の名さへ元酒屋 秋櫻子