躑躅 つつじ

万葉集・人麻呂歌集
栲領巾の鷺坂山の白つつじ我れににほはに妹に示さむ

好忠
山姫の染めてはさぼす衣かと見るまでにほふ岩つつじかな

好忠
たくひれの鷺坂岡のつつじ原色照るまでに花咲きにけり

後拾遺集 和泉式部
岩つゝじ折りもてぞ見るせこが着しくれなゐ染めの色に似たれば

後拾遺集 藤原義孝
わぎもこが紅染めの色とみてなづさはれぬる岩つつじかな

金葉集 摂政家参河
入日さすゆふくれなゐの色みえて山下てらす岩つつじかな

経信
花の散るなぐさめにせむ菅原や伏見の里のいはつつじ見て

西行
はひつたひ折らでつつじを手にぞとるさかしき山のとり所には

西行
躑躅咲く山の岩かげ夕ばえてをぐらはよその名のみなりけり

定家
こよひ寝てしばしもなれむときは山いは躑躅さく峯のかよひぢ

定家
いはつつじいはでやそむるしのぶ山心のおくの色をたづねて

定家
たつた川いはねのつつじかげ見えて猶水くくる春のくれなる

春の日 日永 遅日 麗らか 長閑 初桜 入学 草餅 桜餅 桃の花 梨の花 沈丁花 辛夷 木蓮 連翹 春暁 山桜 花の雲 花見 遅桜 汐干 桜貝 仏生会 花御堂 甘茶 菜の花 春の風 雀の子 山吹 海棠 馬酔木の花 茶摘み 躑躅 石楠花 行く春 暮春
古事記の中の和歌 懐風藻 万葉集 伊勢物語 古今集 後撰集 拾遺集 源氏物語の中の短歌 後拾遺集 金葉集 千載集 新古今集 新勅撰集 おくのほそ道 野ざらし紀行 鹿島詣
お得区案内図 旅行案内