和歌と俳句

春の風

新古今集 左衛門督通光
みしま江や霜もまだひぬ蘆の葉につのぐむほどの春風ぞ吹く

新古今集 藤原雅経
しら雲のたえまになびくあをやぎの葛城山に春風ぞ吹く

経信
花ちらす春の風こそわりなけれ惜しまばしばし吹きもとまなむ

西行
梅が香を山ふところに吹きためて入りこん人にしめよ春風

西行
このもとの旅寢をすれば吉野山花のふすまを着する春風

西行
つぼむよりなべてにも似ぬ花なれば梢にかねて薫る春風

式子内親王
春風やまやの軒ばを過ぎぬらんふりつむ雪のかほる手枕

慈円
散り散らす人もたづねぬふるさとの露けき花に春かぜぞ吹

新古今集 有家
散りぬればにほひばかりを梅の花ありとや袖に春風の吹く

有家
花散れば道やはよけぬ志賀の山うたて木ずゑを越ゆる春風

定家
さくらいろの庭の春風あともなし問はばぞ人の雪とだに見む

家隆
さくら花夢かうつつか白雲のたえてつねなきみねの春かぜ

良経
雪をつる朧月夜に窓をあけて衣手さむき春風ぞふく