和歌と俳句

春の風

春風や闘志いだきて丘に立つ 虚子

春風に吹かれ心地や温泉の戻り 漱石

染物も柳も吹かれ春の風 漱石

楼門に上れば帽に春の風 漱石

嫁の傘傾く土手や春の風 漱石

春風や野にふるひたつ山椒の芽 石鼎

春風や吹かれこぼるる巌の砂 石鼎

春風に捨ててもどらん魚の腸 石鼎

春風に暮れて人冷ゆ大伽藍 石鼎

春風や徐ろに欅伐り倒す 喜舟

耳の穴掘つて貰ひぬ春の風 漱石

饅頭の名も城見とぞ春の風 龍之介

藪かげに枇杷の長葉や春の風 石鼎

春風や鳩の塒へ千社札 喜舟

淋しかつた古里の海の春風を渡る 碧梧桐

太白の糸一すぢや春の風 龍之介

春風に青き瞳や幼妻 龍之介

春風にふき倒されな雛仔ども 龍之介

脚立して刈りこむ黄楊や春の風 龍之介

春風や旅としもなく京に来て 石鼎

帰らなんいざ草の庵は春の風 龍之介

菩薩名は心王と申す春の風 龍之介

春風や軽塵ほのと路の草 亞浪

夕暮の水のとろりと春の風 亞浪

春風に病ひなほれといふ人よ 石鼎

春風や書をひらきたる長渡舟 爽雨