春の夜

躬恒
春の夜のやみはあやなし梅の花色こそ見えね香やはかくるる

千載集 俊成
春の夜は軒端の梅をもる月のひかりもかをる心地こそすれ

千載集 崇徳院御製
春の夜は吹きまふ風のうつり香を木毎に梅と思ひけるかな

定家
春の夜をまどうつ雨にふりわびて我のみ鳥の聲を待つかな

定家
春の夜は月の桂もにほふらんひかりに梅の色はまがひぬ

新古今集 定家
春の夜の夢のうきはしとだえして嶺に別るるよこぐものそら

実朝
ながむれば衣手かすむひさかたの月のみやこの春のよの空

芭蕉
春の夜や籠り人ゆかし堂の隅

芭蕉
春の夜は桜に明てしまひけり

曾良
春の夜はたれか初瀬の堂籠

蕪村
春の夜に尊き御所を守身かな

蕪村
春の夜や宵あけぼのの其中に

蕪村
春の夜や盥をこぼす町外れ

召波
春の夜や足洗はする奈良泊

暁台
春の夜や何事もなき三輪の杉

几董
春の夜や連哥満たる九条殿

青蘿
春の夜や雨をふくめる須磨の月

春の日 日永 遅日 麗か 長閑 初桜 入学 草餅 桜餅 桃の花 梨の花 沈丁花 辛夷 木蓮 連翹 春暁 春昼 春の夕 春の暮 春の宵 春の夜 春の月 朧月 蝌蚪 花の雲 花見 遅桜 春の海 桜鯛 汐干 桜貝 金鳳花 ヒヤシンス 仏生会
古事記の中の和歌 懐風藻 万葉集 伊勢物語 古今集 後撰集 拾遺集 源氏物語の中の短歌 後拾遺集 金葉集 詞花集 千載集 新古今集 新勅撰集 おくのほそ道 野ざらし紀行 鹿島詣
お得区案内図