桜餅

さくら餅食ふやみやこのぬくき雨 蛇笏

櫻餅千住の花の菓子屋かな 万太郎

櫻餅言問は遠き身寄かな 万太郎

櫻もち籠を流せば鴎かな 万太郎

雨水は溝を走れり櫻餅 普羅

桜餅紅葉鏡花好み読む 喜舟

乾きたる葉のけうとさよ櫻餅 草城

櫻餅うちかさなりてふくよかに 草城

大風の障子閉しぬ桜餅 龍之介

雛しまへばぽつぽつ雨や桜餅 みどり女

桜餅のんでしまへば笑ふにおそし 爽雨

桜餅人の寒さに匂ひいでし 水巴

夜を凍てて薄色褪せずさくら餅 水巴

雨を来し人ひとくさし桜餅 石鼎

唐草のゆたんの前や桜餅 石鼎

桜餅つゝめる紙の濡るゝかな 喜舟

桜餅が竹皮のまゝ解かずにある 碧梧桐

花風にとびし一葉や桜餅 風生

遊園の春とゝのひぬ櫻餅 秋櫻子

三つまでうけたる猪口や櫻もち 万太郎

三人にとゞく一籠さくら餅 かな女

言問の出船の鐘や桜餅 立子

大き窓陽のはなやかに桜餅 草城

午後の日の射し込む部屋や桜餅 立子

桜餅かけ紙の絵の都鳥 風生

花はまだ二分どころなり櫻餅 風生

酔ざめや大碗の茶と桜餅 草城

温泉の宿に降りこめられて桜餅 風生

二つづつくばるあみだのさくら餅 草城

待乳山越え来りさくらもち 万太郎

まづのどをしめす茶であり櫻餅 万太郎

桜餅これよ長命寺桜餅 青邨

桜餅女の会はつつましく 虚子

桜餅籠無造作に新しき 虚子

桜餅われうつくしき友をもち 青邨

あくまでも紅うすきこそ桜もち 青邨

薄紅梅の色をたたみて櫻餅 汀女

櫻餅闇のかなたの河明り 波郷

春の日 日永 麗らか 長閑 初桜 入学 草餅 桜餅 桃の花 梨の花 沈丁花 辛夷 木蓮 連翹 花の雲 花曇 花見 春の海 春の潮 汐干 桜鯛 桜貝 仏生会 花御堂 甘茶 菜の花 春の風 雀の子 山吹 海棠 馬酔木の花 茶摘み 躑躅 石楠花 行く春 暮春 春惜しむ
おくのほそ道 野ざらし紀行 鹿島詣
お得区案内図 旅行案内