和歌と俳句

阿部みどり女

引抜けば土塊躍る野蒜かな

夫病みて椿の庭やみだれたり

春山の或は椿の谷間かな

つぎつぎと張板かへす桃日和

桟橋や傘すれ合うて春の雨

友去りぬ春夜の床の白椿

裁板に居らぬ妻は子を抱いて梅の日に

手拭の春雪払うてあがりけり

雛しまへばぽつぽつ雨や桜餅

春海や波またぎまたぎ潮汲める

肩こりぬ花の床几に静まれば

ざらざらと櫛にありけりぼこり

手拭風に再び解けて新茶摘む

膝つけばしめり居る草土筆摘む

影消える松の曇りや土筆摘む

足袋裏に東風の埃や茶屋廊下

花戻り眠き頬押して芝居見る

酔ふ人を花の俥へ総がかり

田楽や雨に砂利舟通ひ居る

人下ろして廻す舳や花曇

干傘のひつくりかへる落花かな

春夜の子起しておけばいつまでも

岩つゝじ打折るひゞき掌にありぬ