和歌と俳句

阿部みどり女

いさゝかの埃をたてゝ梅に掃く

ぬかるみの道の狭さよ雛の市

蕨狩して退屈な日を送る

敷き馴れしわが座布団や春の雨

ステッキで叩いてゐるや春の水

沈丁や風の吹く日は香を失す

父の画に母の賛あり初雛

草庵ににはかの客や貝雛

雪掻いて普請はじまる弥生かな

撫子の思ひがけなく鉢に萌ゆ

燈籠のかずかず濡れぬ花の雨

夜桜や遠くに光る潦

渡殿にはりつく花や嵐あと

樹の下に遍路が一人雨やどり

大勢をたのみて土手を焼きはじむ

侘住もたのしきものよ栄螺焼く

納め雛草のしとねに影長く

浦人の千鳥を知らぬうらゝか

カーテンの隙に大きな春の雪

鏡台をたまたま縁に春の塵