春の川

枕する春の流れやみだれ髪蕪村

烏帽子着て渡る禰宜あり春の川 漱石

春の川故ある人を背負ひけり 漱石

春の川橋を渡れば柳哉 漱石

錦帯の擬宝珠の数や春の川 漱石

棹さして舟押し出すや春の川 漱石

魚は皆上らんとして春の川 漱石

颯と打つ夜網の音や春の川 漱石

晶子
春の川 のりあひ舟の わかき子が 昨夜の泊の 唄ねたましき

山の日のきらきら落ちぬ春の川 鬼城

春川の日暮れんとする水嵩かな 鬼城

春川や橋くぐらんとする帆掛舟 鬼城

春川に舟新しき鵜飼かな 鬼城

木戸出るや草山裾の春の川 蛇笏

橋杭に小さき渦や春の川 漱石

筋違に四条の橋や春の川 漱石

木屋丁や三筋になつて春の川 漱石

学童の顔浸し居る春の川 立子

向ふにもあがる四つ手や春の川 風生

ゆるやかにゆるやかに波春の川 立子

春川や宇治の仏閣もとよりに 尾崎迷堂

意満ち来れば春川ながれけり 鷹女

布さらす春の川みえ離宮みえ 万太郎

空を率て末ひろがりに春の川 蛇笏

海に入ることを急がず春の川 風生

春の河夜半に大阪ネオン消す 多佳子

かへりみる月日のなかの春の河 汀女

鴨と家鴨争とけて春の川 みどり女

三月 如月 雛祭り 春の雪 春雷 啓蟄 東風 春めく 春の山 水温む 春の水 田螺 春の川 若鮎 涅槃 帰る雁 彼岸 彼岸桜 暖か 雲雀 春の雨 春泥 木の芽 椿 接木 卒業 陽炎 土筆 蒲公英 紫雲英 薺の花 虎杖 春蘭
古事記の中の和歌 懐風藻 万葉集 伊勢物語 古今集 後撰集 拾遺集 源氏物語の中の短歌 後拾遺集 金葉集 詞花集 千載集 新古今集 新勅撰集 おくのほそ道 野ざらし紀行 鹿島詣
お得区案内図