春泥

春泥や魚屋の荷の鯛鰆 喜舟

春泥や屏風かついで高足駄 蛇笏

春泥に光り沈みし簪かな かな女

春泥や甲に新らしき草鞋紐 汀女

春泥や四條五條の人通り 草城

丸善を出て暮れにけり春の泥 草城

春泥やみち行く人を蔀より 石鼎

洗ひたる甃に載りし春の泥 石鼎

春泥に傾く芝居幟かな 風生

春泥やぐさと踏み込む花の路 石鼎

春泥や月の下なる枳殻垣 石鼎

春泥や星と相添ふ三日の月 石鼎

春泥や夕刊飛んで地に落ちず 普羅

春泥に子等のちんぽこならびけり 茅舎

春泥や静かに這うて庵煙 石鼎

行きずりの人美しや春の泥 石鼎

春泥や本門寺まで通ひ馬車 悌二郎

春泥や靴音重く子の帰る 淡路女

曽根崎の昼たけにけり春の泥 草城

南座を出て春泥の四条あり 草城

春泥に影坊二つあとやさき 蛇笏

春泥や障子の中の梭の音 悌二郎

春泥や和子の抱ける壺仏 月二郎

鴨の嘴よりたらたらと春の泥 虚子

薪割れる木屑とび来し春の泥 泊雲

春の泥椿の幹にしたゝかに 泊雲

春泥や誰れが落しし梅一枝 石鼎

春泥にはるばる道の夕日かな 石鼎

春泥やふとこちむきて人通る 石鼎

春泥に低まりゆくや稚児の塚 かな女

春泥にぱらりと藁の撒いてをり 立子

踏みしむる白きくびすや春の泥 草城

三月 如月 雛祭り 春の雪 春雷 啓蟄 東風 春めく 春の山 水温む 春の水 田螺 涅槃 帰る雁 彼岸 彼岸桜 暖か 雲雀 春の雨 春泥 木の芽 椿 接木 卒業 陽炎 土筆 蒲公英 紫雲英 薺の花 虎杖 春蘭
古事記の中の和歌 懐風藻 万葉集 伊勢物語 古今集 後撰集 拾遺集 源氏物語の中の短歌 後拾遺集 金葉集 詞花集 千載集 新古今集 新勅撰集 おくのほそ道 野ざらし紀行 鹿島詣
お得区案内図 旅行案内