木の芽

古今集 貫之
霞たちこのめも春の雪ふれば 花なきさとも花ぞちりける

後撰集 兼覧王女
もえいづる木の芽を見てもねをぞなく枯れにし枝の春をしらねば

拾遺集・哀傷 能宣
桜花にほふものから露けきはこのめも物を思ふなるべし

千載集 匡房
よも山に木の芽はるさめ降りぬればかぞいろはとや花のたのまむ

新古今集・賀 良経
おしなべて木の芽もはるの浅緑まつにぞ千世の色はこもれる

骨柴のかられながらも木の芽かな 凡兆

朝夕に雫のふとるこのめ哉 千代女

大原や木の芽すり行牛の頬 召波

野烏の巣にくはへ行木芽かな 几董

木々おのおの名乗り出たる木の芽かな 一茶

落柿舎の奈良茶日つづく木芽哉 一茶

三月 如月 雛祭り 春の雪 春雷 啓蟄 東風 春めく 春の山 水温む 春の水 田螺 涅槃 帰る雁 彼岸 彼岸桜 暖か 雲雀 春の雨 春泥 木の芽 椿 接木 卒業 陽炎 土筆 蒲公英 紫雲英 薺の花 虎杖 春蘭
古事記の中の和歌 懐風藻 万葉集 伊勢物語 古今集 後撰集 拾遺集 源氏物語の中の短歌 後拾遺集 金葉集 詞花集 千載集 新古今集 新勅撰集 おくのほそ道 野ざらし紀行 鹿島詣
お得区案内図