如月 きさらぎ

好忠
わぎもこが衣きさらぎ風寒みありしにまさる心ちかもする

定家
かざしをる道行き人の袂までさくらににほふきさらぎのそら

はだかにはまだ衣更着のあらし哉 芭蕉

きさらぎや廿四日の月の梅 荷兮

煤ちるやはや如月の台所 白雄

如月や一日誕す海の凪 几董

如月に取つく野辺の景色哉 青蘿

利玄
如月や電車に遠き山の手のからたち垣に三十三才鳴く

晶子
萌野ゆきむらさき野ゆく行人に霰ふるなりきさらぎの春

晶子
青色のをしどりの毛の浮きし水なまめかしけれきさらぎの朝

牧水
きさらぎや海にうかびてけむりふく寂しき島のうす霞みせり

晶子
戸に寄りて藁の管より息を吹く童きたりぬきさらぎの春

晶子
桐の木の片側濡れて幹青ききさらぎの雨なつかしきかな

如月の駕に火を抱く山路かな 虚子

立春 早春 春浅し 二月 初午 雪解 残雪 春寒 余寒 冴え返る 猫の恋 野を焼く 山焼く 蕗の薹 紅梅 実朝忌 三月 如月 雛祭り 春の雪 春雷 啓蟄 東風 春めく 春の山 水温む 春の水 田螺 涅槃 帰る雁 彼岸 彼岸桜 暖か 雲雀
古事記の中の和歌 懐風藻 万葉集 伊勢物語 古今集 後撰集 拾遺集 源氏物語の中の短歌 後拾遺集 金葉集 詞花集 千載集 新古今集 新勅撰集 おくのほそ道 野ざらし紀行 鹿島詣
お得区案内図 旅行案内