木下利玄

紅薔薇見し眼を移す白百合のそのうす青さ君が頬に見る

如月や電車に遠き山の手のからたち垣に三十三才鳴く

宿の山蜜柑ならびて黄なる實の朝日受け取る枝葉の中に

菜の花の黄色小雨にとけあひてほのににじめる昼のあかるみ

二階より君とならびて肩ふれて見下す庭のヒヤシンスかな

舞ひ終へて扇を前に會釋する舞妓が肩の息なつかしむ

汽船に居て湊の町のわか葉見る陸にも海にも昼の日光る

海荒るる前の沈黙雲おもく島山よもぎにほひながるる

水引の根をあらひ行く野の水の淀みにうつる秋の夕映

鳩起きて軒のとやより挨拶す花壇の芥子は朝風に揺る

真中の小さき黄色のさかづきに甘き香もれる水仙の花

花びらの真紅の光澤に強き日を照り返し居る雛芥子の花

愛らしき金のさかづきさし上げて日のひかりくむ花菱草よ

しほらしき野薔薇の花を雨は打つたたかれて散るほの白き花

ゆづり葉の新芽かはゆしやはらかき高烽スぐる桃いろの茎

象の肌のけうとさおもふ椿の木枝さき重き花のかたまり

黒もじのうす黄の花にやはらかき雨ふりそそぎ春の暮れ行く

愛に酔ふ雌蕊雄蕊を取りかこむうばらの花をつつむ昼の日

花びらをひろげ疲れしおとろへに牡丹重たく萼をはなるる

芍薬の黄いろの花粉日にただれ香をかぐ人に媚薬吐く

桐の花露のおりくる黎明にうす紫のしとやかさかな

金魚草にトンボとまりて金の眼を日にまはす時ドンのとどろく

真昼野に昼顔咲けりまじまじと待つものもなき昼顔の花

あつき日を幾日も吸ひてつゆ甘く葡萄の熟す深き夏かな

夏来れば築地の朝の好もしさ海の風吹く凌霄花

遍昭 業平 小町 素性 千里 元方 忠岑 友則 貫之 躬恒 兼輔 興風 深養父 伊勢 兼盛 元輔 能宣 好忠 赤染衛門 和泉式部 紫式部 能因 経信 匡房 俊頼 基俊 俊惠 崇徳院 俊成 西行 寂蓮 式子内親王 有家 定家 家隆 良経 実朝 良寛 曙覧
子規 一葉 左千夫 鉄幹 晶子 龍之介 赤彦 八一 茂吉 白秋 牧水 啄木 千樫 憲吉 耕平
短歌 歌枕 俳句 春の季語 夏の季語 秋の季語 冬の季語
お得区案内図 旅行案内