木下利玄

いとし子のつめたきからだ抱きあげ棺にうつすと頬ずりをする

友禅のをんなのごとき小袖着て嬰兒兒は瓶の底にしづみぬ

父母の涙ぬぐひしハンケチを顔にあてやり棺にをさむ

小さなる笠よ草履よはた杖よ汝が旅姿ゑがくにたへず

人形を相手となしてな泣きそ雨そぼふりて寂しき夜も

安らかにあれかし今はわが力及ばねばただそれのみをこそ

木の繁る上野の奥の土しめる谷中の墓地にわが子葬る

墓地の杉蝉はなけどもいとし子は姿も見えず土に入りつつ

寺の門敷石の上にさくら木の黄なる葉散れり晩夏の日照

子の生れ子の死に行きし夏すぎて世は秋となり物の音すむ

遠方に鍛冶屋かねうつ音すみて秋ややうごく八月のすゑ

曼珠沙華か黒き土に頭あぐ雨やみ空のすめる夕べに

墓ならぶ谷中の墓地に利公も小さき墓標を立ててねむれり

若き母頭痛むに手を當ててむかふわが子の墓標の白さ

線香の煙墓標をめぐれるを二人ふりむき去りがてにする

四十雀頬のおしろいのきはやかに時たま来り庭に遊べる

女の子頬ずりしたし鶏頭の毛糸の手鞠咲き出でにけり

鶏頭の黄いろと赤のびろうどの玉のかはゆき秋の太陽

ダリヤ咲くさけばさきたるしみしさに花の瞳の涙ぐみたる

疲れたる光の中にコスモスのあらはに咲ける午後頭痛する

コスモスの花群がりてはつきりと光をはじくつめたき日ぐれ

菊切れば葉裏にひそむ蟲のありうごきもやらぬこの哀れさよ

蕎麦の花しらじら咲けり山裾の朝日のささぬ斜面の畑に

埼玉のとある小村の停車場の柵のダリヤに秋の陽あつし

日光にちかき停車場杉の木の暗きが前にコスモス光る

遍昭 業平 小町 素性 千里 元方 忠岑 友則 貫之 躬恒 興風 深養父 伊勢 兼盛 元輔 能宣 好忠 赤染衛門 和泉式部 紫式部 能因 経信 匡房 俊頼 基俊 俊惠 崇徳院 俊成 西行 寂蓮 式子内親王 有家 定家 家隆 良経 実朝 良寛 曙覧
子規 一葉 左千夫 鉄幹 晶子 龍之介 赤彦 八一 茂吉 白秋 牧水 啄木 千樫 憲吉 耕平
短歌 歌枕 俳句 春の季語 夏の季語 秋の季語 冬の季語
お得区案内図 旅行案内