ダリア

左千夫
天地の哺育のままにあまえ咲くダリヤの花は幼なさびたり

晶子
もの書きぬうす手の玻璃に萎れたる黒きだりあをかたはらにして

晶子
そぞろなる夜の心にうかび来るだりあの花はわりなかりけれ

白秋
薄あかり紅きダリヤを襟にさし絹帽の老いかがみゆく

白秋
君と見て一期の別れする時もダリヤは紅しダリヤは紅し

利玄
汽車とまり汽車の出て行く停車場のダリヤの花の昼のくたびれ

利玄
ダリヤ咲くさけばさきたるしみしさに花の瞳の涙ぐみたる

茂吉
日を吸ひてくろぐろと咲くダアリヤはわが目のもとに散らざりしかも

茂吉
かなしさは日光のもとダアリヤの紅色ふかくくろぐろと咲く

茂吉
家鴨らに食み残されしダアリアは暴風の中に伏しにけるかも

晶子
いにしへのクレオパトラを飾りたる玉の色してめでたきダリヤ

龍之介
病間のダリアを見るや久米正雄

牧水
植ゑすてし庭のダリヤの伸びはせでくれなゐ深き花つけにけり

牧水
梅雨ふるや瓶に挿せればくれなゐのしみじみ深きダアリヤの花

牧水
一重咲ダリヤの花のくれなゐの澄みぬるかなや梅雨ばれの風に

晶子
ダリヤ咲く疑多くかげ多き心と云へるものの形に

赤彦
ただ一つのこるダリヤの花見ればくづるるに近し紅の色

茂吉
あつぐるしき日にこもりつつ居たりけり黒きダリアの花も身に沁む

牧水
真盛りを過ぐれば花のいたましくダリヤをぞ切るこの大輪を

大いなる緋ダリヤ草に逆しまな 石鼎

一輪の黄なるダリヤに心寄す 石鼎

ダリア燃え浅寝の眼にはゆらぐなり 悌二郎

うちあげしあはれ形代と黄ダリヤ 青邨

霊還る篁青くダリヤ緋に 楸邨

千万年後の恋人へダリヤ剪る 鷹女

なかんづく緋の天鵞絨のだりあかな 石鼎

七月 百合 月見草 合歓の花 夾竹桃 青田 雲の峰 夕立 団扇 日除け 日傘 道おしえ 夏の山 キャンプ 雪渓 清水 涼し 浴衣 涼み 打ち水 夏の夜 夏の月 心太 すし 扇風機 風鈴 釣葱 金魚 水中花 閻魔詣 祇園祭 日盛 炎天 昼寝 夕焼 雨乞 空蝉 夏の海 避暑 帰省 土用 土用浪 虫干し 梅干 夏痩せ 夕顔 睡蓮 トマト 茄子 御祓 ダリア 向日葵 凌霄花 虎杖の花 百日紅 病葉
お得区案内図