和歌と俳句

芥川龍之介

青簾裏畠の花を幽にす

時鳥山桑摘めば朝焼くる

向日葵も油ぎりけり午後一時

向日葵の花油ぎる暑さかな

寒天や夕まぐれ来る水のいろ

五月雨や雨の中より海鼠壁

足の裏見えて僧都の昼寝かな

水玉の簪涼しき櫛目かな

草薙げば釣鐘草や時鳥

炎天や行路病者に蠅群るる

行水の捨湯蛙を殺したり

滲み入りて葎に光る清水かな

炎天や逆上の人もの云はぬ

病間のダリアを見るや久米正雄

枕頭やアンナ・カレニナ芥子の花

夕闇にめづる怪体や煽風機

石象の腹暖し夏の月

麦秋や麦にかくるる草苺

牡丹切れば気あり一すぢ空に入る

曇天に圧されて咲ける牡丹かな

水槽に寒天浮いて夕さりぬ

つけ止んで灯入りの月や蚊食鳥

蟻地獄隠して牡丹花赤き

五月雨や枇杷つぶら見ゆ藪に住む

五月雨に鬼菱せめぐ水の面かな