和歌と俳句

芥川龍之介

下駄正しく傍にむざと杜若

宵闇や殺せどもくる灯取虫

赤百合の蕊黒む暑さ極まりぬ

夏山や空はむら立つ嵐雲

夕焼けや霧這ひわたる藺田の水

夏山や松を襲へる嵐雲

江の空や拳程なる夏の山

夏山や幾重かさなる夕明り

夏山や峯も空なる夕明り

飯中の八仙行くや風薫る

青嵐鷺吹き落す水田かな

揚州の夢ばかりなるうすもの

花笠の牡丹にみしれ祭人

よみたらぬじやがたら文や明易き

どくだみの花の暑さや総後架

日盛や松脂匂ふ松林

風すぢの雨にも透る青田かな

笹原や笹の匂も日の盛

よべの風藺田にしるしや朝曇

夕立や土間にとりこむ大万燈

門外の潭や幾樹の蝉時雨

牡丹剪つて気上る見たり夕曇

青芦や虹うちすかす五六尺

川風や菖蒲の占も験あり

夢涼し白蓮ゆらぐ枕上