暑さ

みな月はふくべうやみの暑かな 芭蕉

暑き日を海に入れたり最上川 芭蕉

石原も踏ちめられぬあつさ哉 杉風

道ばたに繭干すかぜのあつさ哉 許六

ひかひかと暑しものみる額つき 野坡

清水をむすべば解くる暑さ哉 越人

塩竃のほそふ立日はあつさかな 千代女

我が我を置忘れたるあつさかな 千代女

初蝉の耳まで来たる暑哉 也有

唐秬の中ゆく笠のあつさ哉 也有

物申の声にもの着るあつさ哉 也有

牛も笛もなき草刈のあつさ哉 也有

日がへりに兀山越るあつさかな 蕪村

居りたる舟に寝てゐる暑さかな 蕪村

色濃くも藍の干上るあつさかな 太祇

松陰に旅人帯とく暑かな 太祇

酒蔵に蝿の声きく暑かな 太祇

大空の見事に暮る暑哉 一茶

蕗の葉にぽんと穴明く暑哉 一茶

うす庇鳩に踏るる暑哉 一茶

青蔓の窓へ皃出す暑哉 一茶

白山の雪きらきらと暑哉 一茶

手に足におきどころなき暑哉 一茶

しなの路の山が荷になる暑哉 一茶

穀値段どかどか下るあつさ哉 一茶

じつとして白い飯くふ暑かな 一茶

稗の葉の門より高きあつさ哉 一茶

時鳥 閑古鳥 夏木立 茂り 緑陰 木下闇 鹿の子 夏野 夏草 昼顔 若竹 水鶏 五月晴れ  暑さ 青簾 籐椅子 百合 月見草 合歓の花 夾竹桃 青田 雲の峰 夕立 団扇 道おしえ 夏の山 キャンプ 清水 涼し 浴衣 涼み 打ち水 夏の月 心太 すし 風鈴 釣葱 金魚 水中花 閻魔詣 祇園祭 日盛 炎天 昼寝 夕焼 雨乞 避暑 帰省 梅干 夏痩せ
おくのほそ道 野ざらし紀行 鹿島詣
お得区案内図