夏野

水踏んで草で脚ふく夏野かな 来山

振袖に鐙をかくす夏野哉 才麿

馬ぼくぼく我をゑに見る夏野哉 芭蕉

もろき人にたとへむ花も夏野哉 芭蕉

秣負ふ人を枝折の夏野哉 芭蕉

おろし置笈に地震なつ野哉 蕪村

行々てここに行々夏野かな 蕪村

鮒鮓の便も遠き夏野哉 蕪村

重荷もち丁身をなく夏野かな 蕪村

角あげて牛人を見る夏野かな 青蘿

空腹に雷ひびく夏野哉 一茶

絶えず人いこふ夏野の石一つ 子規

旅人の兎追ひ出す夏野哉 子規

電信の棒隠れたる夏野かな 子規

夏野尽きて道山に入る人力車 子規

かたまりて黄なる花さく夏野哉 子規

夏野行く人や天狗の面を負ふ 子規

馬に乗る人を彼方に夏野かな 碧梧桐

人何処に酔を買ひ来し夏野かな 碧梧桐

砲も過ぎしと教ふ夏野の車道哉 碧梧桐

島渡り明日はと望む山夏野 碧梧桐

笹の中を植林の道を山夏野 碧梧桐

拓きかけて木棉つくれる夏野かな 虚子

ぐわうぐわうと夏野くつがへる大雨かな 鬼城

海道を衝くべき道の夏野かな 喜舟

宮城野の夏野を飛べる鴉かな かな女

虎杖のバリバリ燃ゆる夏野かな かな女

夏野、犬が走れば人も走つて 山頭火

多摩川の河原の内の夏野かな たかし

恵那山のふもとの夏野恵下と云ふ たかし

八ケ岳裾の夏野に雲むらがる 秋櫻子

駆くる野馬夏野の青にかくれなし 多佳子

夏草野砲車の車輪川渡る 多佳子

ただ一人夏野の墓のクルス立つ 青邨

累々たる夏野の堆土これ墳墓 楸邨

水臭き夏野の石に腰かけぬ 耕衣

夫が落す語を妻拾ひ夏野行く 草田男

寄りゆけば寄り来夏野の牛と吾 多佳子

夏野来て都府楼礎石ただちなる 爽雨

岩の上の憩ひに夏野雨到る 爽雨

時鳥 閑古鳥 夏木立 茂り 緑陰 木下闇 鹿の子 夏野 夏草 昼顔 暑さ 青簾 籐椅子 百合 月見草 合歓の花 夾竹桃 青田 雲の峰 夕立 道おしえ 夏の山 キャンプ 清水 涼し 浴衣 涼み 打ち水 夏の月 心太 すし 風鈴 釣葱 金魚 水中花 閻魔詣 祇園祭 日盛 昼寝 雨乞 避暑 帰省 梅干 夏痩せ
おくのほそ道 野ざらし紀行 鹿島詣
お得区案内図